KDDIウェブコミュニケーションズがCPIのサーバーシェアードプラン「SV-Basic」を提供

需要の高かったSSLを標準装備し、無料で利用できるように
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/9/6 7:00

KDDIウェブコミュニケーションズは、ホスティングブランドCPI(シーピーアイ)から、シェアードプラン「SV-Basic(エスブイベーシック)」を9月5日提供開始した、と同日発表した。Webアプリケーションへの攻撃の増加や常時SSLの普及から、安全性の高いサーバー環境への要望が高まっている。

SV-Basicは、需要の高かったSSLを標準装備し、無料で利用できるようになった。さらに、第三者によるセキュリティ診断の実施、最新の暗号化通信規格TLS1.3などのセキュリティ対策を追加し、万全のセキュリティ対策を施したシェアードサーバーになっている。

CPIでは、需要の高い共用サーバーにおいて、高い安定性、安全性を高めることに重点を置き、ビジネスで活用しやすいシェアードプラン「SV-Basic」を提供することにした。

プラン内容
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]