6秒CMと番組本編の同時表示により、注視度が2〜6割アップ【TVISION INSIGHTS調べ】

TVISION INSIGHTSは独自の「視聴質」データをもとに、2018年末に放送された「6秒CM」×「Picture in Picture」の分析を行った。
よろしければこちらもご覧ください

TVISION INSIGHTSは、独自に計測した「視聴質」データをもとに、2018年末に実施されたテレビCMの新しい取り組み「6秒CM」×「Picture in Picture」の分析を行った。視聴質は、一般視聴者宅に人体認識アルゴリズムを組み込んだセンサーと機器を設置することで「テレビがついているか」「テレビの前に人がいるか」「テレビへ人の顔が向いているか」を取得し、滞在度(VI値)および注視度(AI値)を計測するもの。

*TVISION INSIGHTS のWebサイトより

番組本編に挟まれる「6秒CM」×「Picture in Picture」

「6秒CM」×「Picture in Picture」とは、番組本編に挟まれる形で、6秒CMと番組本編を同時に表示するというもの。フジテレビ「フジボクシング2018」(広告主:日清食品、2018年12月30日19:00~21:05内で4回)およびTBS「SASUKE2018」(広告主:ソフトバンク、2018年12月31日18:00~23:55内で5回)で放送された。

「6秒CM」×「Picture in Picture」イメージ

米国での「Picture in Picture」の例。米国ではスポーツ番組の視聴率が高いため、高単価で取引がされているとのこと

6秒CMの注視度は「フジボクシング2018」で+21%、「SASUKE 2018」で+65%

それぞれの6秒CMの注視度は、「フジボクシング2018」においても「SASUKE2018」においても、番組内全CMの平均値(6秒CM除く)を大きく上回った。

6秒CM平均と番組内全CM平均値(6秒CM除く)の注視度比較/個人全体
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス