サイバーエージェントがAmazon広告に専門化した広告運用パッケージの提供を開始

「Bid Optimizer」、「Budget Adjuster」で、広告効果を最大化
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、インターネット広告事業において、Amazon広告に専門化した広告運用パッケージを開発し、提供を開始した、と10月30日発表した。広告主企業はAmazonが提供する「スポンサー広告」において、数万規模のキーワードに対して日々適切な入札価格でビッティングを行ったり、適切な予算調整を行うことが、広告効果を最大化させる上で、非常に重要となる。

サイバーエージェントでは、Amazon広告専門の広告運用サービスを開発した。サービスでは、スポンサー広告、「Amazon DSP」において、入札調整を行う「Bid Optimizer(ビッドオプティマイザー)」および、日予算調整を行う「Budget Adjuster(バジェットアジャスター)」の2つのソリューションをパッケージ化することで、より自動化した運用を実現し、広告効果の最大化を図る。

Bid Optimizerは、各キーワードの効果状況に応じて入札価格を調整し、KPI指標(ROASやCPA)の最大化にむけて最適化を行う。Budget Adjusterは、各キャンペーンの消化状況に応じて日予算を調整し、KPI指標の最大化にむけて最適化を行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]