ソネット・メディア・ネットワークスが旧式ブラウザを介した広告の自動抑制技術を開発

「PCIDSS」準拠のランディングページが閲覧できない旧式への配信を回避して無駄を抑制

マーケティング技術事業のソネット・メディア・ネットワークスは、旧式のブラウザを介した広告を自動で効率的に抑制する技術を開発した、と7月11日発表した。クレジットカードの会員データを安全に扱うためのセキュリティ基準「PCIDSS」に準拠したランディングページが閲覧できない旧式ブラウザへの広告配信を自動的に回避し、無駄を抑える。

PCIDSSの最新版が提供され、準拠するウェブサイトは「Internet Explorer 10」以前、「Firefox 5.0」以前など旧式ブラウザへの対応を終了する予定。一部ユーザーがPCIDSS準拠ページを表示できない旧式ブラウザを継続使用すると、広告を掲載したサイトを表示する一方、クリックした先のランディングページが表示されない可能性が指摘されている。

開発した技術は、ランディングページへのリンクが付いた広告に対してブラウザからアクセスがあった時、ブラウザの種類とバージョンを判別。結果を利用して広告掲載サイトへの広告配信の可否を決める。ソネット・メディア・ネットワークスは、自社の広告配信プラットフォーム「Logicad」を通じた広告配信取引のRTB(リアルタイム入札)に活用する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]