ブレインパッドが広告運用支援ツール「AdNote」を提供開始、20種類のレポートを自動作成

レポートの自動作成機能、予算配分のシミュレーション機能を搭載して業務負荷を削減。月額18,000円から
よろしければこちらもご覧ください

ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」を提供開始する、と2月14日に発表した。

AdNoteは、グーグルのAdWordsやYahoo!プロモーション広告、Facebook広告など主要な媒体の広告運用を支援するツール。主な特徴は次の2つ。

  • レポート自動作成機能
  • 予算配分のシミュレーション機能

同ツールは、日次・週次・月次のレポートをはじめ、アカウント別やキャンペーン別など約20種類のレポートを毎日自動作成することで運用者の作業負荷を軽減する。レポートはExcel形式でダウンロード可能。

広告運用の予算配分を自動で計算してくれる「シミュレーション機能」も搭載。過去の実績をもとに想定される広告表示回数やクリック率などを算出する「予測」機能と、予測結果から各広告媒体の最適な費用配分や想定される効果を表示する「おすすめ」機能がある。

AdNoteの機能概要
AdNoteの機能概要

利用料は広告媒体1アカウントにつき月額1,800円で、10アカウントから利用可能。30アカウントで1,500円、50アカウントで1,200円と利用アカウント数により単価が値引きされる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]