Googleアシスタントの日本語版がついに提供開始、「検索意図に応えるコンテンツ」がより重要に

スマートフォンに話しかけて検索可能。国内のAndroid 7.0か6.0を搭載したスマートフォンで、自動的に利用可能に

グーグルは、Androidを搭載したスマートフォン向けに「Googleアシスタント」の日本語版を5月29日に提供開始した。

Googleアシスタントは、やりたいことや知りたいことを音声で話しかけると、会話をするように答えてくれる機能。スマートフォンのホームボタンを長押しするか、「OK、Google」と声をかけることで起動できる。質問に答えるだけでなく、自分の名前や好きな食べ物などを教え込むことも可能だ。

Googleアシスタントのイメージ(提供:Google)
Googleアシスタントのイメージ(提供:Google)

Googleアシスタントは、Android 7.0(Nougat)とAndroid 6.0(Marshmallow)に対応し、Google Playストアを搭載するすべてのスマートフォンで利用可能。ユーザー側で特に何かをする必要はなく、数週間以内に自動的に利用できるようになる。

Googleアシスタントが普及したら検索はどうなるか?

現在、グーグルの検索結果は、よりユーザーの検索意図を満たすページを表示しようとしている。Googleアシスタントで何かを検索した場合、最も意図を満たすと思われる答えを1つだけ返すことになる。こうなると、キーワードを主軸にした従来のSEOはもはや意味をなさないだろう。

国内のAndroidスマートフォンに自動的に実装されることで、検索行動にどれくらい変化が起きるかはまだわからない。しかし、「ユーザーの検索意図を満たす」コンテンツがより求められていくことは間違いない。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]