レスポンシブWebデザイン対応のWebサイト制作ツール「BiNDクラウド」の正式提供開始

デジタルステージ、レスポンシブWeb対応版の正式提供で、非対応の旧版は提供終了
よろしければこちらもご覧ください

ソフトウエア企画・開発・販売のデジタルステージは、オンラインWeb制作サービス「BiNDクラウド(バインド・クラウド)」について、β版で提供していたレスポンシブWebデザイン対応の最新版を正式に提供開始した、と5月19日発表した。BiNDは、HTMLやCSSなどのタグやスクリプトを記述しなくても、デザイン性の高いテンプレートとブロック編集によってWebサイトが作成できる。レスポンシブWeb対応版の正式提供に伴い、非対応のBiNDクラウド旧版は提供終了となる。

レスポンシブWeb対応のBiNDクラウドでは、機能アップデートとして「pm丸明オールド」や、「京円」「あおかねStd」などの日本語Webフォント118書体を追加し、Webフォントは計1166書体となった。また、デザイン管理機能「Dress」設定項目の追加や、操作性の改善なども行っている。

デジタルステージ
http://www.digitalstage.jp/

BiNDクラウド
http://bindcloud.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]