「ビジネスメール実態調査2016」調査開始、回答者にはプレゼントも

仕事で使うメールの利用実態を明らかにすることを目的として、仕事でメールを使っている人を対象に調査を行うもの
よろしければこちらもご覧ください

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、仕事におけるメールの利用実態と課題を調査する「ビジネスメール実態調査2016」の調査を5月11日から6月10日まで実施する。

「ビジネスメール実態調査」は、仕事で使うメールの利用実態を明らかにすることを目的として、仕事でメールを使っている人を対象に調査を行うもの。2007年から10年連続で毎年実施している(2015年の調査結果)。

2016年の調査は、2016年5月11日(水)から2016年6月10日(金)までの期間に、インターネットで回答を受け付ける。

回答者は同会の実施するビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)に半額で参加できるほか、抽選でAmazonギフト券などのプレゼントが当たる。

調査概要

  • 調査目的: 仕事におけるメールの利用実態と課題を把握
  • 調査対象:仕事でメールを使っている人
  • 調査期間: 2016年5月11日(水曜)から2016年6月10日(金曜)
  • 調査方法: インターネット回答方式
  • 調査実施機関 株式会社アイ・コミュニケーション
  • 所要時間: 5分から10分程度
  • 結果発表: 2016年7月上旬頃(予定)
  • 回答ページhttp://business-mail.jp/research2016

調査結果は2016年7月上旬頃を予定している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス