ファーストサーバ、WordPress活用の中小向けWebサイト制作「Zenlogicホームページ作成サービス」を提供

デザインはファーストサーバの「テンプレートキング」をベースに新しく機能追加

レンタルサーバーサービスのファーストサーバは、同社のクラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」において、新規でホームページを作成したい中小事業者向けに、最短2日で完成する「Zenlogicホームページ作成サービス」を3月1日に提供開始する、と同日発表した。IT専門人員をもたない事業者が積極的にITを導入・活用するために、ホームページはオープンソースのソフトウェア「WordPress」を利用して制作。デザインはファーストサーバの「テンプレートキング」をベースに新しく機能追加して利用する。

Zenlogicホームページ作成サービスは、WordPressを利用するため、Web制作の知識がなくてもホームページの更新が可能。ただし、更新作業やソフトウェアバージョンアップなどの運用をファーストサーバに依頼する場合は有料のチケット制となり、ページの追加や文章の編集、写真変更作業などを代行する。すべてのページはHTTPをSSLやTLSで暗号化したHTTPSとなっており、常時SSLに対応する。なお、3月末まではキャンペーンを開催し、ホームページ作成費用1万9800円と10回分の更新チケット3万円を無料で提供し、レンタルサーバーの利用料金だけで申し込むことができる。

ファーストサーバ
https://www.firstserver.co.jp/

Zenlogicホームページ作成サービス
https://zenlogic.jp/homepage/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]