検索の波を体で体験する「ヤフー トレンドコースター」がグランプリ、「コードアワード 2015」贈賞式

ヤフーの体験型アトラクション「ヤフー トレンドコースター」がグランプリ

D2C主催のデジタルマーケティングアワード「コードアワード 2015」の贈賞式が7月16日に都内会場で開催された。コードアワードは、2002年から実施してきた「モバイル広告大賞」の対象をデジタル全域へと拡大し、2014年から開催している。

コードアワード 2015

本年度のグランプリ作品は、ヤフーの体験型アトラクション「ヤフー トレンドコースター」が受賞した。トレンドコースターは、ヤフーのリアルタイム検索の検索結果グラフからジェットコースターのコースを製作し、「トレンドの波に乗る」という新しい体験を提供した。


贈賞式後には「ヤフー トレンドコースター」関係者によるパネルディスカッションも開催
ヘッドマウントディスプレイとドライブシミュレータを組み合わせた「ヤフー トレンドコースター」

コードアワードのグランプリは、「イフェクティブ」「イノベーション」「キャンペーン」「クラフト」、4部門のベスト1作品のなかから選出されるが、本年度のグランプリは決戦投票までもつれたと、審査委員長の伊藤直樹氏(PARTY クリエイティブディレクター)は総評を次のように述べた。

日本において、デジタルに関する賞は他にもあるが、コードアワードが特筆すべきは、戦略も含めてクラフトやアイデアを評価すること。クライアントのマーケティング戦略、なぜトレンドコースターをやったかという背景や効果といったことも含め、総合的にすべてのクリエイティビティを評価していく。

つまり、グランプリ作品はすべての面で一番評価が高かったといえる。ヤフーであれば、トレンドワードをすべて収集していることがすばらしく、ここにまずイノベーションがある。そして、トレンドワードをエンターテインメントに置き換えたアイデアがすばらしい。また、デモをすぐに作ったこともすばらしい。すべての面においてイノベーションがある(伊藤氏)

コードアワード 2015
http://www.codeaward.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]