クラウドファイル共有「Oracle Documents Cloud Service」が機能拡張、REST APIを提供し他社アプリとも連携

REST APIを提供しオラクル製品や他社アプリとの連携を可能にする
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは6月3日、「Oracle Cloud Platform」製品群の1つであるクラウドファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service(オラクル・ドキュメント・クラウド・サービス)」の機能拡張を発表した。

機能拡張によって「Oracle Documents Cloud Service」のREST APIの提供を開始し、ユーザー企業は追加料金なしで「Oracle Marketing Cloud」や「Oracle Service Cloud」などのオラクル製品をはじめ、他社アプリケーションとの連携が可能になった。たとえば、マイクロソフトの「Office 365」から、「Oracle Documents Cloud Service」上のファイルを開いたり、保存したりできるようになる。

また、管理者メニューへのアクセスのしやすさの改善、デジタルアセット管理として活用できるサムネイル表示など、ユーザーインターフェースを強化した。

「Oracle Documents Cloud Service」は、最小25ユーザーから利用可能で、1ユーザー当たりの料金は月額1,630円(税抜)、1アカウント当たりの初期容量は500GBで提供する。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

Cloud Solutions
http://www.oracle.com/jp/cloud/overview/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]