リコー、「クラウドサービス for 簡単バックアップ」発売、データを自動バックアップ

ヘルプデスクと監視・通知をパッケージ、対象を自動的に選択、スケジュール設定も不要
よろしければこちらもご覧ください

※7/22 利用料の単位に誤りがあり、修正いたしました。

リコーは、顧客のパソコンの重要データをクラウドに自動的にバックアップする「クラウドサービス for 簡単バックアップ」を7月22日に発売する、と7月18日発表した。同社のITサービス総合メニュー「ITKeeper(アイティキーパー)」の中小企業向けの新ソリューションで、ヘルプデスクサービスと監視・通知サービスをパッケージにした。バックアップ対象を自動的に選択する機能や、スケジュール設定が不要の自動バックアップ機能を搭載する。

バックアップは、ビジネスで一般的に使われるファイルを対象に、パソコンの稼働状態を検知して最適な時間に実行する。専用のウェブサイトで社内のパソコン全体のバックアップ取得状況が把握でき、トラブルを防ぐ。契約したバックアップ容量を会社のパソコン全体で共有可能。パソコン台数に制限がなく、効率的に活用できる。過去90日間にバックアップしたデータは容量無制限で保管される。初期費用1万2000円、月額利用料は10GBで2400円から。

リコー
http://www.ricoh.com/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]