コストを抑えた中小向けユーザーテストサービス「UP METHOD」、ポエガと理想ラボが提供開始

全国の専用モニターが自宅でテスト、音声付の動画としてテストを記録する

コミュニケーション企画・制作のポエガと、ユーザーエクスペリエンスデザインの理想ラボは、製品・サービス開発にかかわるユーザーテストを低価格で実施できる「UP METHOD」(ユーピーメソッド)を共同開発し、3月22日に提供開始した。主にポエガがユーザビリティテストを担当し、理想ラボがワイヤーフレーム制作やプロトタイピングを担当する。

一般的なユーザーテストは、専門コンサルタントがユーザーの隣について行い、その様子や分析レポートを納品するため高コストになりがちだが、UP METHODでは全国の専用モニターが自宅で定められたタスク(テスト内容)を実行することで、コストを削減。被験者は専用ソフトがインストールされたPCで、タスクに沿ってWebサイトやサービスを利用し、音声付きの動画として記録されたテストの様子を、管理画面から確認できる仕組み。スマートフォンサイトやアプリをテスト対象にすることも可能。

コンサルタントが同席しない分、タスク設計が重要となるが、UP METHODで利用するタスクは、効果的に課題を発見できるように専門コンサルタントが作成。また、モニター登録にも事前のテストを設けて、品質を高めているという。

ユーザーテストの利用料金は、PCのみが18万円(3人まで)、スマートフォンも含めた場合24万円(3人まで)。テスト動画の文字起こしや改善レポートなどのオプションも提供する。また、UP METHODではプロトタイピングによるテスト(25万円から)も実施している。

UP METHOD
http://up-method.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]