コストを抑えた中小向けユーザーテストサービス「UP METHOD」、ポエガと理想ラボが提供開始

全国の専用モニターが自宅でテスト、音声付の動画としてテストを記録する

コミュニケーション企画・制作のポエガと、ユーザーエクスペリエンスデザインの理想ラボは、製品・サービス開発にかかわるユーザーテストを低価格で実施できる「UP METHOD」(ユーピーメソッド)を共同開発し、3月22日に提供開始した。主にポエガがユーザビリティテストを担当し、理想ラボがワイヤーフレーム制作やプロトタイピングを担当する。

一般的なユーザーテストは、専門コンサルタントがユーザーの隣について行い、その様子や分析レポートを納品するため高コストになりがちだが、UP METHODでは全国の専用モニターが自宅で定められたタスク(テスト内容)を実行することで、コストを削減。被験者は専用ソフトがインストールされたPCで、タスクに沿ってWebサイトやサービスを利用し、音声付きの動画として記録されたテストの様子を、管理画面から確認できる仕組み。スマートフォンサイトやアプリをテスト対象にすることも可能。

コンサルタントが同席しない分、タスク設計が重要となるが、UP METHODで利用するタスクは、効果的に課題を発見できるように専門コンサルタントが作成。また、モニター登録にも事前のテストを設けて、品質を高めているという。

ユーザーテストの利用料金は、PCのみが18万円(3人まで)、スマートフォンも含めた場合24万円(3人まで)。テスト動画の文字起こしや改善レポートなどのオプションも提供する。また、UP METHODではプロトタイピングによるテスト(25万円から)も実施している。

UP METHOD
http://up-method.com/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]