DAC、広告会社のインターネット広告の運用・制作を支援する2種の新サービスを開始

買い付け・運用最適化の「Conversion Crop」と質の高いバナー制作の「Banner Crop」
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、広告会社のインターネット広告の運用・制作を支援する新サービスとして、ディスプレイ広告の買い付けと運用を最適化する「Conversion Crop(コンバージョンクロップ)」と、質の高いバナー広告を制作する「Banner Crop(バナークロップ)」を始めた、と11月22日発表した。広告主が求める効果の最大化をサポートする。

Conversion Cropは、広告を一元管理する配信プラットフォームのDSP、アド・ネットワーク、純広告の各種メディアを横断した買い付けと運用を実施。さまざまな広告のレポートが集約できる。Banner Cropは、バナー制作に専門のコピーライターを起用して広告の質を高める。フリーライターのネットワークを活用して価格を抑えながら、複数のパターンを出稿。効果のある広告を見極めることができる。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]