ヤマト運輸、ネット通販購入時に受け取り先としてコンビニエンスストアを指定できるサービスを開始

「宅急便受取場所選択サービス」でコンビニエンスストアで24時間商品を受け取り可能に

ヤマト運輸は、ネット通販の購入時に商品の受け取り先としてコンビニエンスストアを指定できる「宅急便受取場所選択サービス」の提供を9月24日に開始する、と9月6日発表した。宅急便を不在で受け取れない場合、受け取り先を変更できる「宅急便店頭受取りサービス」はあったが、新たに開始するサービスでは、ネット通販で商品を購入時に受け取り先にコンビニエンスストアを指定し、24時間商品を受け取ることができる。

宅急便受取場所選択サービスは、ネット通販で商品を注文した際、通販事業者のサイトからヤマト運輸が提供する画面に連携し、荷物を受け取るコンビニエンスストアを選択する。コンビニエンスストアに商品の納品が完了すると、購入者にはeメールで案内をする。利用対象者は「クロネコメンバーズ」の会員。ネット通販事業者は事前にヤマト運輸との運送契約と別途審査が必要。通販事業者のサービスの利用料金については契約時に相談となる。

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]