ユニメディア、携帯サイトをスマートフォン向けに自動変換するサービスを提供開始

専用サイトを別途制作するよりローコスト、アクセス解析機能なども搭載
よろしければこちらもご覧ください

ソリューション事業のユニメディアは、docomo・au・SoftBank向けの携帯サイトをスマートフォン向けに自動変換するサービス「スマートフォンサイトコンバーター」を提供開始した、と7月14日に発表した。同サービスは、同社のソリューションを提供した携帯サイトを中心に展開される。スマートフォン向け専用サイトを別途制作する必要がなく、制作する場合に比べて約5分の1のコストでスマートフォン向けサイトを構築できるという。インフラにはクラウドサーバーを使用、急なアクセス増加などによる負荷にも対応する。スマートフォン向けの変換だけでなく、アクセス解析や広告効果測定、トラッキングレポート機能も備える。料金は初期設定費用20万円から。

ユニメディア
http://unimedia.co.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]