ネットショップ構築サービス「MakeShop」で複数店舗会員連携の「独自モール構築サービス」提供開始

独自ドメインのネットショップ間で会員情報やポイントを共有・一括管理可能に
よろしければこちらもご覧ください

EC関連事業のGMOメイクショップは、同社が運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」で、複数の同サービス利用店舗間での会員情報・ポイントの連携とショッピングポータルサイト構築ができる「独自モール構築サービス」を提供開始した、と6月28日に発表した。独自ドメインのショップが集まったモールの運営が可能になり、モール内でのシングルサインオンや、会員情報・ポイントの共有・一括管理ができる。また、モール会員向けのメールマガジン一斉配信やモール内特集企画やポイント連動プロモーションなどの会員囲い込み施策の実施も可能。多ブランド展開するアパレルチェーン事業者や、実店舗でフランチャイズ展開する事業者、地域の商店街などに適しているという。料金は30万円から。別途、MakeShopのプレミアムショッププラン(初期費用1万500円、月額1万500円)の申し込みが必要。

GMOメイクショップ
http://www.makeshop.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]