GMO-HS、7月中旬に「True CLOUD」で負荷急増時に自動でサーバーを増強するオプションを提供開始

クラウドサーバーでキャンペーン時などアクセス急増時の負担に対応
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のGMOホスティング & セキュリティ(GMO-HS)は、同社が運営するクラウドサーバーホスティングサービス「True CLOUD」で、サーバー負荷が急増した場合、自動的にサーバースペックを増強する「オートスケール機能」を標準で7月中旬より提供開始する、と6月16日に発表した。同サービスのオートスケール機能は、あらかじめ設定したCPU のロードアベレージやメモリ使用率のしきい値を、アクセスの急増などでサーバー負荷が高まったまま一定時間超過した場合に自動調節、サーバースペックを増強するオプションサービス。4時間あたり最大10クラウドノードまで自動で増強され、増量したクラウドに応じて料金が発生する。予定料金は、増強分が1ヶ月あたり2205円/クラウドノード。

GMOホスティング & セキュリティ
http://gmo-hs.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]