楽天が中国の百度と中国のインターネット・ショッピングモール事業で合弁会社を設立

出資比率は、楽天51%、百度49%、2010年後半サービス開始予定
よろしければこちらもご覧ください

楽天は、中国の検索サービス事業のBaidu,Inc.(百度)と、中国のインターネット・ショッピングモール事業に関する合弁会社を設立することで合意した、と1月27日に発表した。百度は、全世界の検索市場で第3位のシェアを持つ「Baidu.com」を運営し、中国国内の中国語検索サービスではトップシェアの企業。合弁会社への出資総額は当初3年間で総額約43億円、出資比率は、楽天51%、百度49%で、代表者は楽天から派遣の予定。両社は新会社を通じて、当局の許認可を前提に、本年後半を目処にサービスを開始、中国国内で最大規模のインターネット・ショッピングモールを目指すという。

楽天
http://corp.rakuten.co.jp/

Baidu,Inc.(百度)
http://www.baidu.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]