ロックオンがインターネット広告効果測定サービス「アドエビス」APIを正式提供開始

アドエビスに蓄積されたデータを外部システムと連携活用可能
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフトウェアの企画・開発・販売のロックオンは、同社が提供するインターネット広告の効果測定サービス「アドエビス」でAPI(Application Program Interface)を正式に提供開始した、と12月8日に発表した。アドエビスに蓄積されたデータを外部システムと連携して活用することができ、これまでベータ版で提供していたが、正式版ではより大規模な利用にも対応したという。提供形式はdocument/literal形式のSOAP1.1、レスポンス形式はXMLとHTTP。価格は初期費用無料、月額3万円(税別)。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]