GMO-HSがMovableType4やEC-CUBEインストール済み仮想専用サーバーシリーズを提供開始

11月30日申し込みまで初期費用を全額キャッシュバックキャンペーンを実施
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、同社の運営するホスティングブランド「ラピッドサイト」で、ハイスペックで低価格な仮想専用サーバー(VPS)「VPSスターターシリーズ」を提供開始した、と11月11日に発表した。提供開始に合わせ、初期費用を全額キャッシュバックするキャンペーンも実施する。

VPSスターターシリーズは、ラピッドサイトのVPS利用用途で特に多かった3用途をプラン化。各用途に特化したアプリケーションや機能を提供する。プランは、全機能・設定がカスタマイズ可能な「S01」プラン、ブログ作成やCMS運用もできる「MovableType4」をインストール済みの「M01」プラン、ネットショップ構築ソフトの「EC-CUBE」をインストール済みの「E01」プランの3つ。初期設定費用は5250円、月額1890円(共に税込)。11月30日申し込みまで初期費用は全額キャッシュバックされる。

GMOホスティング&セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

VPSスターターシリーズ
http://www.rapidsite.jp/lp/vps_start/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]