OCNホスティングサービスが大容量の専用サーバーと仮想専用サーバー提供開始へ

NTTコミュニケーションズは、同社のOCNホスティングサービスで、最大80GBと業界最大規模のディスクが利用できる仮想専用サーバー型サービス「メール&ウェブPro2」と、200GBの大容量ディスクが使える専用サーバー型サービス「Privateサーバー」を、1月26日提供開始する、と1月19日発表した。仮想、専用や容量の違いはあるが、両者の機能は同一。

複数ドメインに対応し、ウイルスチェックや迷惑メール対策などメールセキュリティサービスも提供。データのトリプルバックアップなど、ビジネスで必須の機能を持ち、カスタマイズ性の自由度が高いという。OSは「Red Hat Enterprise Linux」。同社が用意したログ解析ツールやデータベースのほか、ユーザーが利用したいアプリケーションを自由にインストール、カスタマイズ可能。

メール&ウェブPro2が初期工事費用1万5750円から、月額基本料2万790円から。Privateサーバーは、初期工事費用10万6050円から、月額利用料は問い合わせ。5月29日までに新規に申し込み、6月30日までに利用開始すると、初期工事費用やドメイン登録料を無料にするキャンペーンを実施する。

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

OCNホスティングサービス
http://www.ocn.ne.jp/hosting/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]