CMSの導入では「使いやすさ」を最も重視。シックス・アパートがCMS未導入企業を調査

[AD]

ブログ・CMSツールの大手であるシックス・アパート株式会社は7月1日、CMS未導入企業300社に対し2008年2月27日(水)~28日(木)にかけて実施したインターネットリサーチの結果を発表した。

今回のアンケートはCMS未導入企業の実態を把握することを目的としており、調査時にはシックス・アパートの社名を伏せて中立性を保つ工夫を行っている。調査対象や有効回答数などの調査概要は以下の通りである。

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp/

  • 調査目的:ブログ・CMSを導入していない企業の実態を把握する
  • 調査方法:インターネットリサーチ
    ※シックス・アパートの名は出さず、中立性を維持した調査とした
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:ブログ・CMSを導入検討中の企業担当者(男性:66.3%、女性:33.7%)
  • 有効回答数:309サンプル
  • 調査期間:2008年2月27日(水)~2008年02月28日(木)

導入目的はマーケティング効果・販売促進や時間とコストの削減
コミュニケーションとクチコミ効果など多種多様

テキストや画像などのコンテンツデータやレイアウト情報を一元的に管理し、ウェブサイトに関する技術がない担当者でも容易に記事の更新を可能とするCMSであるが、現在導入を検討している企業の担当者にとっての導入目的 は「マーケティング・宣伝効果」が43%で最も高く、「時間の短縮」や「社内サイトの更新ができる(誰でもできる)」「顧客とのコミュニケーション」「販売促進・売上アップ」までが4割弱で続いている。時間の短縮や、誰でも 更新ができるといったCMSの利便性に対する目的も多いが、CMSを導入することによってコミュニケーションが得られる、売上アップにつながるなど会社にもたらす実益を重視して導入を考えているケースも多く見受けられる。

ブログ・CMSツールの導入目的/期待する効果(出典:シックス・アパート調査『CMS未導入企業300社』アンケートより)

8割弱が「使いやすさ」を重視、次いで「価格」や「信頼性」

ソフトウェアやシステムを導入する際のポイントとしては機能や価格を重視するケースが多い。今回のブログ・CMSに至っては、機能の中でも取り分け、「使いやすさ」を重視する声が多く75%を占めている。また、低価格であること ももちろん重要な要素の1つとして考えられており、他にも「信頼性」を挙げる声が多い。多くの人が利用するCMSであるだけに使いやすさや信頼性を重視するのも頷ける。

ブログ・CMSツールの採用にあたり、重視するポイント(出典:シックス・アパート調査『CMS未導入企業300社』アンケートより)

利用用途は情報発信や販促PR、マーケティング活動が第一目的

今後ブログ・CMSを導入するにあたり利用を想定している用途は「情報発信」が61%でトップ、「商品のプロモーション・販売PR」や「マーケティング活動」が5割弱で続いている。導入目的にもみられたように、ブログ・CMSを 用いて外部に対していかに情報を発信していくのか、またそこから売上を上げるのかを第一に目的としているのがうかがえる。企業の担当者はブログ・CMSをただの管理用途のみではなく、営業用ツールとしてとらえているとも言え るだろう。

ブログ・CMSツールの想定している用途(出典:シックス・アパート調査『CMS未導入企業300社』アンケートより)

以上にピックアップした他にも各種CMSツールの認知度や導入意向、理想的な導入予算や納期などCMS・ブログツールに関する主要な設問を含んだ調査となっている。なお、導入を検討しているブログ・CMSツールではMovable Typeが14%と最も高く、サイボウズブログ 2.0、WordPressが続く結果となっている。

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]