モディファイ、RSSフィード活用アプリケーションスイート「MODIPHI APPS」の提供を開始

モディファイは5月19日、個人や企業、大学または官公庁などの組織に対して、WebサイトのRSSフィード化ツールやブログパーツ、ウィジェットなどのスクリプトの生成ツールなどの各種Webアプリケーション、および発行したコンテンツのホスティングを行う統合サービス「MODIPHI APPS」の提供開始を発表した。

MODIPHI APPSは、同社が2007年5月18日から試験運用してきた「MODIPHI.COM」の正式サービス。これまでは、フィードリーダーおよび直接RSSフィードを生成できるフィードエディタを統合したWebアプリケーションのベータ版として提供されていたが、正式版では全文検索機能やアーカイブなどが可能なフィードリーダー「READER」、RSSフィードの生成から配信管理、さらにはHTMLページのパブリッシングが可能な「FeedMS」、RSSアイコンやブログパーツなどを発行できる「WIDGETS」、発行したRSSフィードの購読数などの効果測定を行える「FeedMetrix」などのアプリケーション群が提供される。また、発行するRSSフィードのドメインマッピングも可能だ。

MODIPHI APPSの利用により、分散する複数のWebサイトの情報をRSSフィード化し、再配信が可能。オリジナルのウィジェットやブログパーツなどの作成と配布や、自社サイトにフィードリーダー的な機能を付与することもできる。複数のウィジェットを組み合わせた高機能なポータルを作成も行える。

法人向けの基本サービスの利用料金は、発行できるRSSフィード数やファイルストレージ容量に応じて、月額5250円から12万6000円。カスタマイズや、規定の容量を超える利用に関しては別途見積にて対応する。

同サービスは、原則として有料だが、個人利用、および大学などの教育機関と官公庁や地方自治体などの公共団体には無償版も用意されている。

モディファイ
http://www.modiphi.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]