GMOホスティング&セキュリティが「アイル」でウェブアプリ脆弱性診断サービス開始

GMOインターネットグループのホスティング会社、GMOホスティング&セキュリティは1月7日、同社が提供するホスティングブランド「アイル」で提供する専用サーバーサービスのオプションとして、ウェブアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を同日開始した、と発表した。リスクコントロール技術を持つSBTコンサルティングと業務提携して提供する。脆弱性の有無と対処方法の報告1回あたり3万1500円。

指定したURL配下のすべてのウェブアプリケーションを対象に、SBTコンサルティングのシステムを使ってインターネット経由で数千の項目を診断。専門資格を持つセキュリティコンサルティング専任のエンジニアが、発見した脆弱性の内容からリスクと修正法を報告する。ASP方式で提供するためユーザー側の作業などは不要。1ドメイン1回に限り、脆弱性の有無のみを報告する無料体験版も用意した。

GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]