BtoC ECが10兆円市場に-NRIが2012年までの国内IT主要市場の規模予測を発表

野村総合研究所(NRI)は12月19日、、2012年までの国内IT主要5市場の分析と規模予測を発表した。

今回の調査では、ネットビジネス市場5分野、携帯電話市場3分野、放送・コンテンツ市場8分野を対象に市場規模を予測した。

ネットビジネス市場は、パソコン向けよりも携帯電話向けの割合が高まりながら、全体として順調な拡大が期待される。なかでもBtoC EC(消費者向け電子商取引)市場は、2012年度に10兆円を超える見通し。

インターネット広告市場は、次第に成長速度を緩めるものの、2007年の約4700億円から2012年には約7800億円にまで拡大すると予測される。そのうち携帯電話向け広告の市場は、2012年には約1800億円となり、全体の2割以上を占める規模に拡大すると見込まれる。

オンライン決済市場は、EC市場の拡大に伴い、2007年度の1800億円から2012年度には3924億円へと拡大すると予測。このうち、携帯電話向けECにおける決済市場は、2007年度の265億円から急拡大し、2012年度に761億円となる見込みだ。

情報セキュリティー市場は、企業の内部統制対応や、企業再編・合併によるシステム統合、IPネットワークとTCP/IPによる通信をベースとした重要インフラ関連システムの再構築、在宅勤務の普及によるセキュリティー需要の高まりなどを背景に、今後も拡大する見通し。2012年度には、情報セキュリティーツール市場が約2700億円、情報セキュリティーサービス市場が約2100億円に達すると予測される。

携帯電話関連では、ソリューションや、コンテンツ市場が拡大の見通しだ。モバイルソリューション市場は、2006年から2012年にかけて年率約26%のペースで成長し、7000億円規模の市場に、モバイルコンテンツ市場は、2007年の3530億円から2012年には3909億円に拡大すると予測されている。

放送・通信関連では、地上デジタル放送が2012年時点で約4600万世帯に普及し、市場規模は2兆5000億円程度に達する見通し。ワンセグなどの移動体向け放送サービス市場は、2012年度末における受信機器の普及台数は、携帯電話端末だけで約4000万台になると見込まれ、有料のVOD(ビデオオンデマンド)市場規模は2007年度の約530億円から2010年度には約890億円に成長すると見られている。

NRI市場規模予測
http://www.nri.co.jp/news/2007/071219_1.html
野村総合研究所
http://www.nri.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーマリンク
ページそれぞれを指し示すURLで、時間が経過してもそのURLでそのコンテンツにア ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]