新東通信、セカンドライフ内における、"Pay Per Approach"型広告「SLPPA」を開始

よろしければこちらもご覧ください

新東通信は9月27日、セカンドライフ内において、アバターが広告ツールを装着し、他のアバターに接近することでブランドや商品・サービスを認知させる"PPA(PayPer Approach)"型広告商品「SLPPA(スルーパ)」を開発、2007年9月28日に販売を開始すると発表した。

"PPA" とは、同社が新たに考案・開発した接近保証型広告広告で、他のユーザー(アバター)に対して接近した数を保証して支払いが発生する、3D世界ならではのサービス。アバターに配布する広告ツールにはセンサープログラムが埋め込まれており、他のアバターが広告ツールを中心とした範囲内に接近した場合にカウントされる。一定のカウント数になると広告ツールを装着しているアバターに対して成果報酬が支払われる仕組みだ。

新東通信
http://www.shinto-tsushin.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]