GMOインターネットのレンタルサーバーサービス「まるごとserver」にVPSサービス

よろしければこちらもご覧ください

GMOインターネットは7月18日、同社のレンタルサーバーサービス「まるごとserver」において、VPSの高い拡張性能の効果的な活用を可能とし、サーバー運用負荷の大幅な軽減を実現したVPSサービス「VPLシリーズ」の提供を開始した。

「まるごとserver」は、サポートを重視した信頼性志向のサービス内容で導入実績を伸ばしている専用サーバー/VPSサービス。今回、提供を開始する「VPLシリーズ」は、サーバー各種設定を「まるごとserver」が代行することで、初心者でもVPSの高い拡張性能を効果的に活用することができる上、サーバーの基本性能の向上により、快適なサーバー運営が実現できる。

また、ブログやネットショップ、SNSなど7種類もの多彩なアプリケーションの中から利用したいものだけをインストールが可能。プリインストール型とは異なり、必要なものだけをインストールするので、余計なサーバーリソースの使用が不要だ。さらに、複数ドメイン(サイト)を1台のサーバーでまとめて運用・管理でき、コストの削減と管理負担の軽減を同時に実現する。。

サービスプランは、「VPL-100」「VPL-200」「VPL-300」の3種類がラインナップ。ディスク容量はそれぞれ、10GB、20GB、40GB、IPアドレスの追加数は4個、9個、19個。初期費用は2万9400円、月額料金はそれぞれ、4700円、2万6250円、4万950円から。

まるごとserver
http://www.marugoto-server.jp/
GMOインターネット
http://www.gmo.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]