VISH、各ブラウザー環境による表示画面をスクリーンショットで確認するサービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

VISHは7月18日、制作したサイトが多様なインターネット環境下でどのようにブラウズされるのか、検証用マシンを使わずにスクリーンショット形式で一気に画面確認ができるサービス「スクリーンショット.jp」を開始した。

「スクリーンショット.jp」は、チェックしたいホームページのURLを入力し、確認したいOS、ブラウザーをチェックするだけで、最大50ページまでのスクリーンショット画像作成が可能。作成した画像は、zip形式、またはlzh形式の圧縮形式のほか、印刷しやすいpdfファイルとしても保存できる。また、入力したURLや画像はSSL通信で保護されており、作成したPDFへのパスワード保護などセキュリティー機能も完備しており、公開前のサイトでも安全に利用できる。

サービスプランは4種類。「無料プラン」は、利用料無料で1時間に3回まで利用可能だが、スクリーンショット画像にロゴが挿入される。有料サービスは、月額1480円で100URLまで利用可能な「ライトプラン」、月額2980円で500URLまで利用可能な「レギュラープラン」、月額4980円で2000URLまで利用可能な「プレミアムプラン」がラインナップする。

VISH
http://www.vish.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]