リアルタイムWebアクセス解析ソフト「RTmetrics」に最新版-セッションごとに再来訪者を特定

よろしければこちらもご覧ください

オーリック・システムズは6月14日、パケットキャプチャ型のリアルタイムWeb解析ソフトウェア「RTmetrics」(RTメトリックス) の最新版「RTmetrics V 6.1.0」、ならびに、取得したデータを自由に加工してビジュアライズを可能とするユーザインターフェース「EVx3.3.0」 (エグゼクティブビュー)の販売を開始した。

「RTmetrics」は、ネットワークに流れるパケット情報を取得するパケットキャプチャ型の革新的な最新アーキテクチャにより、従来のログ解析では困難な「リアルタイム解析」「複数サイト間の行動解析」、URLに表示されない「POSTデータ解析」など、アクセス情報の収集・解析を簡単な操作で行うことができるソフトウェア。ユーザーの識別情報の取得が困難な携帯サイトや、ワンセグ、ゲーム端末、IPTV、RSSなどのアクセスにおいても、特別なアプリケーション開発や、サイトへの変更を加えることなく、PCサイトと同様に簡単にアクセス解析ができるのが特長だ。
今回のバージョンアップでは、セッションごとに、同一来訪者の行動を正確に把握することが可能になり、個を特定する機能の強化により、個の特定と行動パターンの詳細が分析できる。さらに、モバイル検索エンジンなど、携帯サイト解析機能も強化された。

一方、「EVx 3.3.0」は、処理能力を改善し、全データをもとにした、より正確かつ高速にレポート表示が行なえるようになった。また、指定ページからのリンクのクリックを実際のWebページと合わせて表示する“HotSpot機能”で、HTTPSのページの表示にも対応。メニュー画面の多言語表示を改善し、管理者がメニューの内容を変更する際の利便性が向上した。

販売価格は、「RTmetrics V 6.1.0」が450万円から。「EVx 3.3.0」は、「RTmetrics V6.1.0」の購入者を対象に、標準コンポーネントとして提供される。

オーリック・システムズ
http://www.auriq.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]