オプトリンクスが国内初のユーザーニーズの抽出精度を高める情報分類システムを開発

よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告配信事業を手掛ける、オプトリンクスは4月26日、クリック率、コンバージョン率のさらなる向上を目指し、ユーザーニーズの抽出精度をより的確なものとする情報分類システムを開発。このシステムを現在、提供している行動ターゲティング広告「アクトマッチ広告」と連動させると発表した。

「アクトマッチ広告」は、広告配信対象ユーザーが閲覧しているWebサイトを分析し、ユーザーが現在、興味を持っているカテゴリーを認識。そのユーザーの興味に合わせた広告を、ポップアップ形式でユーザーのパソコンのデスクトップに直接、自動配信することにより、広告主にとってROI(費用対効果)が高い広告配信ソリューションを提供する。

同社によると、同社が2007年1月下旬から3週間行ったアクトマッチ広告の実験では、通常のバナー広告に比べてクリック率は約10倍。一般的なウェブ広告に比べてコンバージョン率も非常に高い、という結果が得られたという。

また、同社ではクリック率、コンバージョン率のより高いサービスを提供するために、完全自動学習型関心情報分類システム(Completely Automatic Learning Classification System based onInformation Theory: CALCS-IT)を開発。同システムでは、インターネットユーザーのIPアドレス・MACアドレス・メールアドレスなどの個人情報を一切登録することなく、インターネット上の膨大な情報の中から各ユーザーにとって最適な情報を得ることを可能にする。

アクトマッチ広告
http://www.actmatch.com/
オプトリンクス
http://www.optlynx.com/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス