オーリック・システムズ、サイト訪問者の行動情報を蓄積するWebアクセス解析ソフトの新製品

よろしければこちらもご覧ください

オーリック・システムズは4月16日、パケットキャプチャー型のリアルタイムWeb解析ソフトウェア「RTmetrics(RTメトリックス)」の新しいオプション製品として「Advanced Analytic Module(アドバンスド・アナリティック・モジュール)」を発表。4月26日から販売を開始する。

「Advanced Analytic Module」は、Webサイト上で活動中の来訪者の各種情報を効率的に蓄積することにより、運営側が想定していなかったユーザーについても、再来訪の解析、コンバージョンに対する解析、傾向分析が可能。

また、「Advanced Analytic Module」のAPI (Application Programming Interface) を公開しているため、「RTmetrics」が標準装備しているレポート機能を利用する以外に、CRMや、SFA (Sales Force Automation)、ERPなどの外部システムと連携でき、EIP(Enterprise Information Portal) に組み込んだり、企業のニーズに合わせたオリジナルレポートなどを作成できる。さらに、Webサイトの来訪者が作る能動的なシナリオを企業側が解析してアクションを起こす“プル型マーケティング”を可能にする。

価格は900万円から。同社、および同社の販売パートナー経由で販売し、2007年5月8日に出荷開始予定。

オーリック・システムズ
http://www.auriq.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]