着信課金型広告のトライアルプロジェクト、セプテーニ・グループとmedibaが開始

よろしければこちらもご覧ください

セプテーニ・ホールディングス、およびセプテーニグループは2月16日、medibaと共同で、モバイルメディアにおける着信課金型(ペイ・パー・コール、PPC)広告のトライアルプロジェクトを開始したと発表した。

同プロジェクトは、携帯webサイトとPPC広告の親和性の検証が目的。今回のトライアルでは、medibaがEZwebのポータルサイト上で運営する、キャンペーン・エンタメ情報サイト「とくする情報」に、今春から東京で生活をする人向けの特集サイト「春の東京新生活コーナー」を、2007年3月19日~5月18日の期間限定で開設。同サイトに特集記事と100社程度の広告主企業または店舗の情報を掲載し、それぞれの企業・店舗にPPC用の専用電話番号を設定。興味をもったモバイルユーザーがサイト経由で電話をかけた段階で広告料金が発生する仕組みだ。

同プロジェクトでは、サイト構築をセプテーニグループとmedibaが共同で、広告主の開拓をセプテーニグループ、EZweb内の各サイトから特集コーナーへの送客をmedibaがそれぞれ担当する。

広告料金は、基本料金4万9800 円(特集サイト内ページ制作費用とPPC専用番号設定費用を含む)、成果課金1コール100円から。

セプテーニ・ホールディングス
http://www.septeni-holdings.co.jp/
mediba
http://www.mediba.jp/company/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]