インフォキュービック・LLC、アクセス解析ツール「web-stats」の日本語版を販売

インフォキュービック・LLCは、Webサイトのアクセス解析ツール「web-stats(ウェブスタッツ)日本版」の販売を1月16日から開始すると発表した。

「web-stats」は、米国で1998年に開発されたアクセス解析ツール。今回、同社が日本での独占販売権を取得、日本語版として販売を開始する。英語、フランス語に続き、3ヶ国語をサポートし、さらに年内にもドイツ語、スペイン語、ポルトガル語への対応が予定されている。

おもな機能は、サイトへの進入ページ、退出ページ、リンク元とキーワード、訪問者のサイト内遷移、コンバージョン率をはじめとする38種類の解析結果をレポート。さらに、訪問者がどの地域・都市からアクセスしているかがわかる地域情報や、サーバーの稼動状況も解析する。

また、欲しいデータがひと目でわかるシンプルな画面を採用し、解析用のタグが1つで済むなど初心者でも簡単にアクセス解析が可能だ。

価格は月額3000円(税別)。10万PVまで対応し、解析ページ数の上限はない。

web-stats
http://www.web-stats.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]