電通とCCI、ポッドキャスティング向けに音声広告配信サービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

電通とサイバー・コミュニケーションズ(以下CCI)は、ポッドキャストコンテンツとさまざまな音声広告を自由に組み合わせることが可能な音声広告配信サービスを9月1日より開始する。

ポッドキャスティング番組へ広告を挿入する場合、広告と本編をつなぎ合わせて1つのデータとして保存・配信するのが一般的だが、CMの差し替えや契約期間終了後に広告を削除する際に、データを再編集する必要があった。

今回、電通とCCIが提供する音声広告配信サービスでは、配信期間の指定や限定した広告の配信、複数の広告を組み合わせて配信することが可能になる。広告差し替えの際のデータの編集が不要になるほか、従来では難しかった、期間限定のキャンペーン展開なども可能だ。

この広告サービスは、サイオンコミュニケーションズが提供するダウンロードコンテンツ自動結合処理サービス「AECBS」(エイブス)を利用したものだ。

今回のサービス提供にあたり、電通はサイオンコミュニケーションズの協力を得て音声広告配信サービスの仕組みを構築し、 CCIはインターネット広告商品開発に関するノウハウの提供とシステム導入をサポートを実施する。

ポッドキャスト広告配信を行うコンテンツとして、9月1日から期間限定でTBS RADIO&COMMUNICATIONSが運営する「TBS RADIO 954kHz Podcasting954」内の12番組に音声広告配信を行う予定としている。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]