Servisionと日本ベリサインが業務提携を強化してITシステム運用監視サービスを提供

レンタルサーバーサービスCPIを提供するServisionは、日本ベリサインとの業務提携強化の一環として、7月19日より日本ベリサインのグループ会社である、サイトロックのITシステム運用監視サービス「サイトロックマネージメントサービスIDCパック」を導入した。

Servisionは、以前から日本ベリサインのSSLサーバー証明書「ベリサイン サーバID」を組み込んだホスティングサービス提供をはじめ、共同キャンペーンを行うなど協力関係を築いていた。今回、両社はさらなる連携強化を目的として、サイトロックマネージメントサービスIDCパック(以下IDCパック)を導入し、顧客に対してより高品質なサービス提供を目指す。

サイトロックマネージメントサービスIDCパックは、データセンター運営企業やホスティング業者向けに提供するITシステムの運用管理を代行するアウトソーシングサービス。24時間365日体制のリモートオペレーションセンターをベースとした、経験豊富なエンジニアによる有人監視を行い、障害アラートの一次切り分けを行うなど、顧客企業におけるITシステムの運用負荷を軽減するサービスである。

CPI
http://www.cpi.ad.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]