時代は「SEO」から「SXO」へ ~海外最新サーチ事情・市場予測 コーナーの記事一覧

SEOは今後どのように変化するのか? 海外の最新サーチ情報、コンテンツマーケティングに関する情報を紹介
icon このコーナーについて

SEOは今後どのように変化するのか? 海外の最新サーチ情報、コンテンツマーケティングに関する情報を紹介

(全 6 記事)

クロスフィニティ 6/20 7:00 484416

米国内のSEOスペシャリスト240人への調査結果から、今回は「SEOに取り組む組織」「SEO施策の優先順位」の情報をお届けします。

クロスフィニティ 2/16 7:00 1636120

米国内のSEOスペシャリスト240人への調査結果から、「リアルなSEOの状況と課題」をお届けします。「テクニカルSEO」「コンテンツ制作」「トラフィック分析」「リンクビルディング」の、優先度・成果・難易度は?

松野 亘(クロスフィニティ) 2017/06/14 6:00 846315

Webサイトの「オーソリティ」において、重要なのはリンクだ。しかし、やみくもにリンクを獲得するのでは意味がない。大切なのは、サイト同士、さらにはビジネスパートナー同士の、良質な関係性構築だ。

松野 亘(クロスフィニティ) 2017/02/16 7:00 1895829

「検索行為を通してユーザーが本当に知りたいこと」、すなわち、検索行為という問いの「意図」に対して、自社のコンテンツを用いて回答していくというのが、SXOの2つ目の構成要素「レリバンス」(適合性)の基本的な考え方だ。

松野 亘(クロスフィニティ) 2016/10/18 7:00 24413329

SXO(Search Experience Optimization)では、サイトの技術的な基盤である「ユーザビリティ」が、最初に考えられるべきだ。具体的には「モバイルフレンドリー」「情報の構造化」「クローラビリティ&インデクシング」という3つのポイントが重要だ。

松野 亘(クロスフィニティ) 2016/07/19 7:00 39282649

日々、猛烈な勢いで変化するSEO領域。本連載は、海外の最新サーチ情報、コンテンツマーケティングに関する情報を紹介するとともに、その根底にある「SXO」(Search Experience Optimization)の流れを考察。第1回は、「SXO」に向けた環境変化と、今後のSEOとの向き合い方について紹介します。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファセットナビゲーション
ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)とは、サイトのナ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]