Webサイトリニューアルの最難関!? 「RFP策定」の要点とは

一大仕事のWebサイトリニューアル。なかでもRFP(提案依頼書)策定のハードルは高い。悩むあなたにご一読いただきたい徹底ガイド。
[Sponsored]

売上の増進、会社やブランドのイメージ向上などを目的に、Webサイトリニューアルを検討している企業は多いだろう。しかし複雑かつ高度化している現在のWebサイトのリニューアルは、非常に手間とコストのかかる大仕事だ。なかでも大変な作業とされているのが、協力会社にリニューアルの提案を要請するために使う文書「RFP(Request For Proposal:提案依頼書)」の策定である。

RFPには、ベンダーに提案を求める事項をすべて記載する。リニューアルの目的と目標、予算、スケジュール、ベンダー選定の基準といった前提条件と併せて、リニューアル後のWebサイトにどのような機能を求めるかの「機能要件」を記載することになる。それは建築事業者に向けて「一戸建ての家」の「建て替えの要望」を示すことと例えられるほど、まとめ上げるのに相当の苦労を強いられる作業でもある。

本ホワイトペーパーでは、Webに関する広範なサービスを手がけ、多数のRFP策定支援の実績を持つミツエーリンクスの話を交えながら、RFP策定の具体的なプロセス、Webサイトリニューアル成功のポイントを解き明かしていく。

  • Webサイトのリニューアルを検討している
  • Webサイトのリニューアルのプロセスを知りたい
  • RFPの作り方を具体的に知りたい

こんな企業、担当者には、ぜひご一読いただきたい。ホワイトペーパーは無料でダウンロードできる。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

Webサイトリニューアル徹底ガイド

本ホワイトペーパーでは、Webサイトリニューアルを成功させるRFP策定について考察しています。全12ページ、10分程度でお読みいただけます。

「Webサイトリニューアル徹底ガイド」ホワイトペーパーを無料でダウンロードできます
ホワイトペーパーの掲載内容
  • [特集]Webサイトリニューアルの最難関!? 「RFP策定」の要点を知る
  • そもそもRFPとは何なのか?
  • どのようなプロセスを経てRFP策定に至るのか?
  • RFPに記載すべき内容とは何か?
  • RFP策定時にWebサイトの最新トレンドをどこまで勘案すべきか?
  • RFP策定に要する時間はどの程度が標準か?
  • RFPの内容が不十分であると何が起きるのか?
  • RFPと要件定義書との違い
  • 【ソリューションピックアップ】
ホワイトペーパーのダウンロード
[Sponsored]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SaaS
クラウドを介して提供されるソフトウェアサービスのこと。 従来一般的だったパ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]