リアル店舗のネットショップ運営プラットフォーム選び注意点まとめ!無料・有料ASPカートのメリット・デメリット

もともとリアル店舗中心で展開していた事業者が、ネットショップを立ち上げるときにどうプラットフォームを選べば良いのか、その注意点をまとめます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
AdobeStock_294333115.jpeg
 

リアル店舗のネットショップ運営プラットフォーム選び注意点まとめ!無料・有料ASPカートのメリット・デメリット

コロナ禍のなか、さまざまなジャンルのリアル店舗がネットショップでの商品やサービスの販売を始める動きがあります。

もともとEC市場は長年成長傾向にありましたが、この一年ほどの特徴として、これまでEC参入をそこまで本格的に考えていなかった事業者が、急ぎECへの参入を検討している点があげられます。

そこで本コラムでは、もともとリアル店舗中心で展開していた事業者が、ネットショップを立ち上げるときにどうプラットフォームを選べば良いのか、その注意点をまとめます。

<詳細はこちら>

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]