【広報セミナー】東洋経済オンライン副編集長が語る! 経済ニュースメディアに掲載されるには。

東洋経済オンライン副編集長のお話が聞ける!経営者・広報担当者が対象のメディアセミナー。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんな方々に向けた広報セミナーです!

  • メディア関係者に情報を発信したい方
  • メディアに取り上げられたいけど、知識やノウハウに課題を感じている方
  • これから広報に力を入れようと考えている方
  • 低コストで効果のある広報をしたい方

    ゲスト紹介

倉沢 美左(くらさわ・みさ) 東洋経済オンライン副編集長

 米ニューヨーク大学ジャーナリズム学部/経済学部卒。東洋経済新報社ニューヨーク支局を経て、
 日本経済新聞社米州総局(ニューヨーク)の記者としてハイテク企業を中心に取材。
 米国に11年滞在後、2006年に東洋経済新報社入社。放送、電力業界などを担当する傍ら、
 アメリカのハイテク企業や経営者の取材も趣味的に続けている。
 2015年4月から東洋経済オンライン編集部に所属、2018年10月から副編集長。
 外国人筆者や国際問題などの記事を多く担当している。中南米(とりわけブラジル)が好きで、
「南米特集」を夢見ているが自分が現役中は難しい気がしている。歌も好き。

セミナー詳細

 日時:2020年9月29日(火)17:00-18:00(入場開始16:50)
 場所:オンライン開催
 対象:経営者の方・広報担当の方
 定員:50名(1社2名まで)
 費用:無料
 注意:*本セミナーは広報セミナーです。
    *初めて参加される方を優先的にご案内させていただきます。ご了承ください。
    *競合他社様からのお申し込みはお断りさせていただいております。
    *満席の場合は抽選になる場合があります。

内容

【東洋経済オンラインについて】
・東洋経済オンラインとは?
・媒体の構成から見る媒体の特徴(読者の特性など)
・知られざる取材から掲載までの秘密
 
【企業からのアプローチ・対応】
・東洋経済オンラインに取り上げられるには
・編集長が探す取り上げたい情報とは
・編集部関係者と企業の関係性の取り方
・東洋経済オンライン編集長に関心を持ってもらうために重要なこと
・企業や団体に知って欲しいこと

--------------------------------------------------------------

お問い合わせ:株式会社Enjin メディアセミナー事務局
担当:高山 メール:medichoku@y-enjin.co.jp

--------------------------------------------------------------

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]