社名が変わる?!その時会社のWebサイトはどうすればいい?転ばぬ先の8つのポイント

会社の社名が変わるとき、Webサイトはどうすればよい?!忙しい担当者のために対策をまとめてみました。

最近ではめずらしくなくなった「社名変更」

事情はさまざまですが、勤めている会社の「社名が変わる」という現象が起きる時があります。

Web担当者にとっては

「CIどうするの?」
「リニューアルするの?」
「ドメインどうするの?」
「URLをたくさん印刷してるけど…」

など、不安と疑問が噴出する一大イベントです。

大事なことを見落としてしまわないように、今回は具体的なケースを例に対処方法のポイントを解説します。

社名が変わるときのパターン

そもそも「社名が変わる」といっても様々なケースがありますので、一つの複合的な例を元に見ていくのがわかりやすいと思います。

今回は同資本で複数の事業会社で構成していたグループ企業が、将来の上場を見据えて持ち株会社傘下のグループ体制へと再編する場合を想定します。

グループ体制変更例

■変更前
 A社
 B社(A社が100%株主の子会社)
 C社(A社が100%株主の子会社)
 ↓
■変更後
 ABCホールディングス社(持ち株会社)
 A社(ABCホールディングスの子会社)
 B&C社(ABCホールディングスの子会社、B社にC社を吸収合併)

商号変更と(合併や分社に伴う)新会社登記という手続きが発生しますが、いずれの場合も新しい社名と前の社名の関係をどのように位置づけ、段階的にどうやって移行していくか?という点が重要なポイントです。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
社名が変わる?!その時会社のWebサイトはどうすればいい?転ばぬ先の8つのポイント(2/5)
https://getting-better.jp/company-name-change-180627/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]