「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」」を公開しました。

###

吉政忠志顧問のWebビジネス千里眼コラム第29回がディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

Webサイトの所有者は単純に高速化したいという要望があります。思いとしては単純で、サイトの表示速度が速くないと、離脱率が上がったり、そもそも見にくいのWebサイト閲覧者の満足度が下がるからです。そして、Googleの検索順位を決めるうえで、表示速度は重要な要素なので、表示速度が遅いと検索順位が上がりにくかったり、順位が下がっていきます。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3484

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]