次のPHPはどうなる? バージョン7.3でここが変わる(第四回 著:廣川類氏)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「次のPHPはどうなる? バージョン7.3でここが変わる(第四回 著:廣川類氏)」を公開しました。

###

こんにちは、前回のコラムから間を空けてしまいましたが、2018年もいよいよ終盤となり、PHPの新たなリリースの季節となりました。今回は、2018年12月6日にリリースされるPHP 7.3に関する情報を紹介します。

PHP 7.3の開発状況とPHP 5のサポート終了

11月22日にリリース候補版(Release Candidate, RC)であるPHP 7.3.0 RC6が公開されました。特に大きな問題が見つからない限り、このRC6版が最後のRCとなり、予定通り12月6日にPHP 7.3.0が正式公開される予定です。今回は、PHP 7.3における主要な改善点および注意点について紹介します。

PHP 7.3は、2017年11月にリリースされたPHP 7.2のマイナー更新版にあたります。PHP 7ではPHP 5に対して大幅な性能改善が行われ、実行速度が劇的に高速化すると共に使用メモリ容量も著しく減少しています。PHP 7では、2015年12月にPHP 7.0がリリースされて以降、PHP 7.1、PHP 7.2と毎年1回ずつマイナー更新版がリリースされてきました。

一方、2018年12月にはもう一つの大きなイベントがあります。それは、PHP 5の最終版にあたるPHP 5.6が12月31日についにサポート期限切れ(EOL, End-of-Life)となり、セキュリティ脆弱性に関する修正も含めてサポートが行われなくなります(図1)。サポート切れとなったソフトウエアを使用することにはリスクが伴うため、早期のPHP 7への更新が必要な状況です。しかし、W3Techs (http://w3techs.com)の調査によれば、2018年12月1日時点で、PHP 7のユーザは23.6%にとどまっており、75.8%のユーザはいまだPHP 5を使用し続けている状況となっています。WordPressなども推奨バージョンとしてPHP 7.2を指定するなど、PHP 7への早期の以降が望まれます。なお、PHP 7の最初のバージョンであるPHP 7.0も2018年12月3日にサポート期限切れとなりましたので、PHP 7.2 への移行をおすすめします。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2359

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]