Web技術振興協会、検定試験「HTML5(スペシャリスト)」を実施

一般社団法事Web技術振興協会は、検定試験「HTML5(スペシャリスト)」を実施しました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

一般社団法人Web技術振興協会は、「HTML5(スペシャリスト)」の第1回目の検定試験を、2018年3月18日(日)11時から12時まで、都内で実施した。

第2回めの検定試験は2018年6月30日(土)13時30分で、現在受験申込受付中である。

 

Web技術振興協会について

当協会は、昨年10月に、検定試験や講演会等を通してHTML5技術のさらなる普及を目指し設立された。

検定試験は、

  • 初心者向けに、HTML5の各技術仕様(HTML、CSS、JavaScriptやAPI)の基本知識を検定する。
  • 検定手数料は5,000円。検定合格者には、認定を行い認定の盾を交付する(認定料3,000円)。
  • 検定試験のための「「HTML5」検定試験対策セミナー」も複数回開催する。

さらに当協会のパートナー法人を募り、「HTML5講習会」も提供する予定。

当協会の代表理事は、GeoCities JAPAN 1号社員、ストアカでは1600人以上にHTML5を教え、現サイバー大学 IT総合学部 准教授の中島俊治。

詳細は次のURLを参照のこと。

https://webtechpromo.org/outline/ [検定試験のご案内]

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]