ランディングページでの効果的なCTAの作り方

ランディングページ最適化の無料でダウンロードできる資料を公開
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTA(コールトゥアクション)とは、簡単に言えば「行動喚起」という意味である。主にWEBマーケティングの世界では、WEBサイトやオンライン広告、Eメール、ソーシャルメディア広告等でのお問い合わせボタンや資料請求ボタンの事を意味します。

もし、みなさんのサイトにコールトゥアクションボタンが設置されていないのであれば、それは得ることのできるはずの利益を逃している事と同じである。コールトゥアクションボタンは、WEBサイト運営者が読み手に正しいアクションを教えるものとなる。そして興味をそそるコピーライティングができていれば、読み手はなんの問題もなく希望どおりのアクションを起こしてくれます。

コールトゥアクションを制作する際にコンバージョンを意識する事は必要であるが、怪しい売り込みにならないように気をつけなければならない。今回は、新規顧客、メールマガジン購読者、ブランドアンバサダーになってもらうためのコールトゥアクションの作り方を紹介します。

今すぐ無料で資料をダウンロードする

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]