Linuxエンジニアの魅力

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Linuxエンジニアの魅力」を公開しました。
今回はLinuxエンジニアの魅力についてご紹介したいと思います。Linuxエンジニアの国内人口は約22万人存在しており、Linuxを学習されたいと思われている方がさらに16万人もいます。日本国内の全エンジニアの総数が100万人ということを考えると、Linuxエンジニアの規模はとても大きいことがわかります。Linuxエンジニアはそれだけ魅力ある市場であるということが言えると思います。

Linuxに関しては、Linuxエンジニアの中でも様々な考え方があり、一つにまとまっているわけでもありません。ここでは、一般的に言われていることをまとめてみたいと思います。ネットワークエンジニアとしての今後の進路や学習指針の参考にしていただけると幸いです。

仕事が多い
初心者から上級者までの仕事の幅も広いため、長く稼げる
低コストで学習できる
つぶしが効く技術力を得られる

仕事が多い

常時2万件近いLinuxエンジニアの求人が出続けており、ネットワークエンジニアのカテゴリで最も仕事が多いのがLinuxエンジニアです。INDEED JAPAN 2015年8月29日の調査データによると、日本国内のLinux求人案件数は18186件あります。大変仕事が多いカテゴリですので、Linux構築と運営をマスターすると当面は仕事には困らないように思えます。

初心者から上級者までの仕事の幅も広いため、長く稼げる

INDEED JAPAN 2015年8月29日の調査データによると年収500万円以下の比較的初心者向けの求人案件が全体の64%存在し、年収700万円以上の上級者向けの求人案件が9.1%の1686件存在しています。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5977/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]