本日発売!ヤマハ インテリジェントL2スイッチ SWX2300シリーズ

ヤマハルーターの国内総販売代理店SCSKにてヤマハ インテリジェントL2スイッチ『SWX2300-8G』『SWX2300-16G』『SWX2300-24G』が本日発売開始になりました。

Web担当者の多くの方もご存知のヤマハルーターの歴史は古く、1995年にルーター市場に参入されて以来、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業に導入していただいております。

ルーターから、よりお客様の宅内ネットワークを便利にしたいという思いで、2011年2月にはスイッチ市場に参入し、ヤマハルーター・ファイアウォール(以下、ヤマハルーター)と連携することでネットワークの設定・保守・管理などの負担を低減する機能を有したギガビット対応のスマートL2スイッチ「SWX2200-24G」「SWX2200-8G」を、2013年4月にはPoE対応製品の「SWX2200-8PoE」(以下、「SWX2200シリーズ」)を発売しました。

そして、スイッチ製品については、本日市場投入するインテリジェントL2スイッチ『SWX2300-8G』『SWX2300-16G』『SWX2300-24G』(以下、「SWX2300シリーズ」)が追加されることで、2011年に参入したスイッチ分野でのラインナップが補完され、業界標準の機能を網羅された感じです。

ヤマハのWebサイトには「ネットワーク環境の巨大化、複雑化に伴い、ネットワーク管理者の業務も多岐にわたるようになり、インターネット・拠点間接続だけでなくLAN内も含めた統合的なネットワーク管理が求められています。ヤマハのスイッチ製品は、ヤマハルーターとの連携により、ネットワーク管理者の保守・管理の負担を軽減できる「ネットワークの見える化」で評価を得てきました。今回、機能面での充実を図ったSWX2300シリーズと、コストメリットの高いSWX2100シリーズの投入で、業界のスタンダードに準拠したラインナップを実現しました。」とのコメントが記載されています。

私も実際に6月のイベントで同製品のデモを拝見しましたが、まさにそんな感じでした。

以下ではSWX2300シリーズの主な特長をご紹介します。
1. スイッチ業界のスタンダードなラインナップへの拡充
今回発表するインテリジェントL2スイッチ「SWX2300シリーズ」は、SFPポート付きのインテリジェントL2スイッチ。業界での標準機能を搭載したモデルで、「SWX2200シリーズ」の上位機種にあたります。
2. スイッチ単体での「見える化」機能の搭載
SWX2300は、コントローラー機能を使用することで、「ネットワークの見える化」を実現。上位に接続するルーターがヤマハ製 品以外でも、配下のヤマハスイッチや端末の接続状況をSWX2300単独で「見える化」することができ、一括管理やネットワークトラブルが発生した際の解決が容易になりました。
3. タグVLAN等上位機種に搭載された機能

以下の特長を持っています。
•フロア内、フロアごとにセグメントの切り分けが可能
•設備音響や放送業界等で、音声や映像のような大容量データを複数の端末に配信するニーズに対応
•デファクトスタンダードのコマンド体系に準拠、どのような環境でも戸惑うことなく設定が可能

ソリューション例や仕様など詳細は以下のページをご覧ください。
http://jp.yamaha.com/products/network/switches/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]