Web担当者の常識!レスポンシブWebデザイン講座(基礎)

4月26日 Web担当者の常識!レスポンシブWebデザイン講座(基礎)開催
よろしければこちらもご覧ください

昨今のスマートフォン市場は、デバイスの増加に伴いOSとスクリーンサイズが多様化し、対応するウェブサイトの構築は困難になっています。

対応するスマートフォンサイト制作のアプローチは大きく2つあります。
1つ目はサーバーサイドでデバイス(UA:ユーザーエージェント)ごとに振り分け、複数のHTMLとCSSを作成する手法。
2つ目は、CSS3の Media Queries(メディアクエリ)でウィンドウサイズを基準にCSSを設計するレスポンシブWebデザインという方法です。この手法は、メンテナンスの手間が少なくクライアントへの運用コストを低く抑えることができます。allWebクリエイター塾のウェブサイトもレスポンシブWebデザインで作成されています。ウィンドウのサイズを可変させるとレイアウトが変化します。

本講座は、正しいResponsive Web Design(レスポンシブWebデザイン)を学習します。講師は日本で最初にレスポンシブWebデザインを紹介し実践した菊池崇氏です。

こんな方におすすめです

  • HTML5を理解されている方
  • CSSで自分で最初からページを組む事ができる方
  • CSSの継承・相対単位(em)・フォントサイズを理解されている方
  • グリッドデザインを理解されている方(弊社グリッドで学ぶ、CSSレイアウト講座相当)
  • バーティカルリズムを理解されている方(弊社グリッドで学ぶ、CSSレイアウト講座相当)
  • iOS、Android、Windows Phone 8、タブレット向けのスマートフォンサイト制作をしたい方
  • スマートフォンサイト制作の案件の問い合わせのある業者様
  • スマートフォンサイト構築が初めての方

現場で開発しているプロが講師

現場で活躍し、書籍やメディアで記事を記載している方が講師のため、学習のためのレクチャーでなく、現場で詰まった内容や使える内容などを盛り込んだカリキュラムが特徴です。講師は日本で最初にレスポンシブWebデザインを紹介し実践した菊池崇氏です。

講師

 菊池崇 (キクチ・タカシ)

株式会社 Web Directions East 代表
スマートフォンサイト制作を得意とするWebクリエイター。大規模から自社プロジェクトのAndroidアプリ、iPhoneアプリ、スマートフォンサイト制作の経験から、ウェブメディアでの連載を行い、allWebクリエイター塾ではCSSの基礎からCSS3の実践を中心に解りやすいレクチャーを行う。
自身では、世界最高峰イベント Web Directions の日本支部代表として活躍。Webの可能性を信じ常に研究する事を好んでいる。食べる事も大好き。
2012年は、米国、豪州、イギリスの40以上のセッションへ参加してWeb技術の自己研鑽をしている。
Ascii  Web Professional、CSS3大接近[gihyo.jp][Think IT]などで連載。実践的なCSS3の使い方について[Adobe MAX09]など講演をおこなう。

開催概要

講座

【日時】 4月26日(土)10:00 - 19:00(全8時間)
【会場】品川会場
【受講料】 50,000円
【定員】 8名 

お申込み

参加には以下フォームよりお申込みいただく必要がございます。
以下詳細ページよりお申込みください。
お申込み

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]