PR業界で働くビジネスマン、22の兆候

米PR会社のフライシュマン ヒラードで働くローレン・フェルナンデス氏が投稿した・・・
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

米PR会社のフライシュマン ヒラードで働くローレン・フェルナンデス氏が投稿した「53 signs you work in public relations」がPR業界で働く人たちで内輪ウケしてたので、ちょっとアレンジして紹介します。

  1. 一日が一杯のコーヒーとともに始まり、一杯のコーヒーとともに終わる。
  2. スマートフォンでメールをチェックしながら、ノートパソコンが入ったバッグを手に、ハイヒールを履いて早歩きすることができる。
  3. 気が変になりそうな程ストレスの多い日でも、同僚と内輪ネタを話せば一日を乗り切ることができる。
  4. 「広報活動はもうだめだ」や「プレスリリースはビジネスに無用だ」といった議論を絶えずしている。
  5. 目の前の仕事を優先することに慣れ過ぎて、いつも昼食を食いっぱぐれる。
  6. ヘッドフォンを忘れると、あなたの健康と勤務時間に支障をきたす。
  7. 自分の職業を説明する必要のない場でも、誇らしげに「広報のプロ」とTwitterの略歴に載せている。
  8. デスクにデリバリーのチラシが複数ある。
  9. 毎晩スマートフォンとともに寝ている。
  10. カロリーより、リツイート、いいね!の数が気になる。
  11. 友人と飲みに行っても、スマートフォンをチェックできないとイライラする。
  12. Googleアラートを本気で整理すると、20分ぐらいかかる。
  13. プライベートなスマートフォンを公私ともに使っている。広報業界に属さない友人は一様に驚くけど、彼らがなぜ驚くのか理解できない。
  14. 「なぜ、取り上げられないのか!」という言葉から始まるミーティングを毎週のように行っている。
  15. 睡眠に関するあらゆるセリフを耳にしたことがある。例えば「2徹3日」とか「死んだら好きなだけ眠れる」など。
  16. 今日1日でやんなきゃいけないことが、午後4時時点で何一つリストから消えてないことがよくある。
  17. テレビ番組を視ていても、雑誌を読んでいても、クライエント(自分の会社)がソコに出ることを考えずにはいられない。
  18. 電車で新聞を読んでいる時に、驚きのあまりに声を上げ、周囲の視線を独り占めしたことがある。
  19. 朝起きて、何より前にスマートフォンでメールをチェックする。
  20. 企業が不祥事を起こすと、この企業がどこのPR会社を使っているのか気になる。
  21. 140文字以下で考えて話すことができる。
  22. 友人は、あなたのFacebookやTwitterの使い方が正気でないと思っている。

この業界で働く人たちは、みんな仕事が好きだし、本気だし、楽しんでる。ストレスフルだけど、素敵な職業だと思います。

オリジナル記事は、コチラ。
PR業界で働くビジネスマン、22の兆候|PRFREAK

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]