ピアソン桐原とWi2の協力について~デジタル教育ソリューションのトライアル募集~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2011年4月27日
株式会社ピアソン桐原
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

ピアソン桐原とWi2の協力について
~デジタル教育ソリューションのトライアル募集~

株式会社ピアソン桐原(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:ブレンダン・デラハンティ、以下ピアソン)と株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高津智仁、以下Wi2)は高校、大学、塾等教育機関へのデジタル教育ソリューション導入促進に向けて共同して取り組みます。

文部科学省から「教育の情報化ビジョン」が、総務省からは「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2011」が発表されました。ピアソンとWi2は、相互に連携し各々の持つサービスの強みを生かし、下記に掲げるようなベネフィットを教育現場に提供することで、教育の情報化、教育分野におけるICT利活用推進に貢献できると考えております。

まずは共同した取り組みの第1弾として5月より①Wi2はWi-Fiネットワーク(無線LAN)化②ピアソンは「fronter」をはじめとするデジタルソリューションのトライアルを募集します。

学校と地域をつなぐ、コミュニティ・ラーニングの実現
学校と地域のWi-Fiネットワーク(無線LAN)化を推進するとともに、効果的な学習のためのコミュニケーションツールを導入することで、学校と家庭さらには地域コミュニティが相互に連携して地域における教育の効果を高めることができると考えます。

セキュリティが担保されたネットワーク環境の確保
教育施設内においてはWi-Fiネットワーク(無線LAN)を通じて安全なIT環境が提供されることが必須であると同時に学習のためのコミュニケーションツールもセキュリティ面で実績のあるものが望ましいと考えます。Wi2は通信キャリアとして豊富な経験を持ち、ピアソンは英国・北欧を中心に5,000校以上で採用されている学習のためのコミュニケーションツール「fronter」を提供できます。

安定かつ安心できる運用体制
通信キャリアとして実績のあるWi2、海外においてICTを利活用した教育で実績あるピアソンが協力することで教育現場が安心して教育に専念できる運用ができると考えます。
トライアルは2011年5月から2011年12月までの期間を予定しております。
具体的なお問い合わせは下記までお願いします。

【本リリース及びトライアルに関するお問い合わせ】
株式会社ピアソン桐原 担当:土谷 Tel: 03-3314-8267  Eメール:fronter.jp@pearson.com
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 担当:七條 Tel: 03-6758-2111  Eメール:pr@wi2.co.jp

株式会社ピアソン桐原
昨年9月、教育においては世界のリーディングカンパニーであるピアソンエデュケーションと検定教科書をはじめとした高等学校での英語国語教材で実績のある桐原書店が合併した教育カンパニーです。書籍教材以外にも教育グループウェアやアセスメントなどさまざまな教育ソリューションを提供しております。

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
日本で最大級のエリアを持つ公衆無線LAN事業者であり、自らWi-Fi設備を設置しエリア開拓を行うだけでなく、顧客のニーズにあったソリューションに柔軟に対応するIT企業です。

【配信元】 MMD研究所 http://mmd.up-date.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]